i脱毛

ワキガを治療するための手術の方法について

 

アポクリン汗腺とエクリン汗腺が、ワキガ手術では対象となります。

 

ワキに汗をかくと匂いがするのは、エクリン汗腺とアポクリン汗腺から発汗された汗が関わっているといいます。

 

汗腺から出る汗のにおいが特に強い場合、いわゆるワキガとなり、気になることがあります。

 

雑菌が脇の下で増えたことで臭いがますます強くなることがあります。

 

わきの下が雑菌のたまり場となるのです。

 

特にわきの下に毛が生えていると、さらに雑菌がこもるので、さらににおいが強くなるので、気になる人はムダ毛の処理をしても良いかも知れません。

 

ワキガは遺伝的形質によるため、両親の両方やどちらかがワキガの場合、遺伝によってワキガ体質になることがあります。

 

ワキのにおいを低減させるためのデオドラント商品も数多く販売されていますが、根本的に治療するためには、ワキガの手術をすることで解決します。

 

手術でワキガの治療を行う場合、においの元となる汗が分泌されないように、アポクリン汗腺を外科的な方法で取り除きます。

 

同時にエクリン汗腺や皮脂腺も除去するというクリニックもあるようです。

 

メスを使うため手術痕が残りますが、ワキの下の目だだない部分にしわにそって切るという方法が一般的です。

 

ワキガの症状がそれほどでもない時は、メスは使わず、カニューレという細い管を用いて汗腺を取り除くという方法も使えます。

 

カニューレを使うワキガ手術は主な汗腺を吸引して発汗を抑えるので、手術痕が残りにくいという利点があります。

 

手術の痕跡が残らないワキガ治療にはボトックス注射があります。

 

ボトックスという薬液を注入することで発汗を抑えるという手術方法ですが、この方法はメスではなく注射針を使うので、手術痕ができません。