i脱毛

ワキガ体質と治療

 

ワキガになりやすいかどうかは、個々人の体質によって異なります。

 

治療に取り組む前に、体質を確認しておく必要があります。

 

両親共にワキガの人はワキガの確率は高く、片方がワキガである時も可能性があります。

 

ワキガ体質は遺伝による所が大きいので、もし両親ともワキガ体質である場合は80%、片親ならば50%の確立でワキガ体質は遺伝するといわれています。

 

自分の両親がワキガ体質かは、ワキガ体質で治療を求める人ならとうに気づいているでしょう。

 

治療をしたいほどワキガが気になる人は、他人の体臭にも敏感です。

 

毛深いかどうかもワキガに関係があるようです。

 

ワキガの原因とされるアポクリン腺は、濃く太い毛穴にできることが多く、毛深い人はその分だけアポクリン腺の数が多い傾向がある為、ワキガの人が多いようです。

 

わきのアポクリン腺が多いと、ワキガの治療方法によっては余計に時間がかかる場合もあります。

 

ワキガかどうかの判断に、耳垢の湿り気に着目する方法があります。

 

ワキガかどうかはアポクリン腺が多く、働きが盛んであるかに関わっています。

 

アポクリン腺の働きが盛んな場合は耳の中のアポクリン腺もよく汗をかき、そのため耳垢が湿っているという仕組みです。

 

汗によって、衣服のワキの下のところに黄色っぽいシミができるかどうかも、ワキガかどうかチェックするポイントになります。

 

黄色いシミは、アポクリン腺からかく汗が含む多くの物質によります。

 

アポクリン腺が活発な場合、汗じみができる成分を含む汗をかくことになります。

 

自身が本当にワキガ体質かを見極めたい時は、このように様々な側面から情報を収集することで、特徴がわかるようになります。

 

ヨーロッパの人はワキガ体質の方が多数派を占めている影響もあり、ワキガを気に病んだり、治療の必要性を感じる人はごくまれのようです。

 

現在、日本ではワキガの治療法として、手術だけでなくボトックスという薬液を使う治療や、レーザーや超音波を使う治療があります。

 

自分に合う適切な治療法を選択したいものです。